~慢性前立腺炎・過活動膀胱からの再生~

若くして慢性前立腺炎・過活動膀胱などが発症。10年以上苦しみぬき運動療法で寛解。当時の状況や、自分の考え、どのように寛解して行ったのか、同じ症状で苦しんでおられる方の何かの役に立てばと思いブログを始めてみました。

「慢性前立腺炎の治療」と「ドクターショッピング」

「非細菌性慢性前立腺炎と診断された私ですが、もちろん薬が処方されました。

そう、お馴染みのあの薬セルニルトンクラビット錠」です。

これであの不快感から開放されるのかと思い、1ヵ月間頑張って飲みきりました。

お腹が弱い私には抗生物質を1ヶ月間服用するのは辛かったです・・・

しかし、薬を飲みきったのですが、薬の効果が実感できないのです。

私は日によって調子が物凄く悪い日もあれば、わりと軽快な日もあるという波があるタイプだったのですが、薬を服用する前とあまり変わらない状態でした。

これでは駄目だと思い、もう一度病院へ行きました。

すると、医者が言うには前立腺には薬が届きづらいので治りにくい」「次は抗生物質の種類を変えますので」という話でした。

この時私に疑門と疑念が浮かび上がりました。

「この医者は場当たり的で方針がないんじゃないか?」

「治りにくいから1ヵ月間飲ませたのではないのか?」

「ならどれぐらいの期間抗生物質を飲まないといけないのか?」

「長期間抗生物質を飲んで副作用の心配は?」などなどです。

今考えると自分自身この病気のことがまだわかっていなかったんですね・・・

医者に聞いてみると・・・

「どれぐらいの期間飲まないといけないかはわからない」

「治るまで抗生物質を変えていく、副作用が出ることは少ない」とのことでした。

何だか釈然としない私は薬は処方してもらいましたが、別の病院に行こうと思いその泌尿器科を後にしました。

この時からドクターショッピングが始まったのです。

そしてドクターショッピングの結果は・・・次回に続きます。