~慢性前立腺炎・過活動膀胱からの再生~

若くして慢性前立腺炎・過活動膀胱などが発症。10年以上苦しみぬき運動療法で寛解。当時の状況や、自分の考え、どのように寛解して行ったのか、同じ症状で苦しんでおられる方の何かの役に立てばと思いブログを始めてみました。

「慢性前立腺炎」と「漢方薬」

私自身漢方薬は効かないと思っていましたが、試してみると思ったより悪くなかったと以前書きました。

プラシーボではなく本当に効いていると私は実感があったので今回は飲んでいた漢方薬について書いていきたいと思います。

まあ、プラシーボだとしても少しでも症状が楽になればそんな事どうでもいいんですけどね。

私が飲んでいた漢方薬は主に、「八味地黄丸」「牛車腎気丸」「猪苓湯」「桂枝加芍薬湯」「四逆散」「桂枝加竜骨牡蛎湯」などです。

一番最初に出されていたのは「八味地黄丸」でした。

2週間飲んであまり効果が感じられなかったので、その旨を伝えると「牛車腎気丸」が追加されました。

3ヶ月ほど飲んでいましたが、この2つは私にはあまり効果はありませんでした。

それから数年は漢方薬は飲んでいませんでしたが、慢性前立腺炎とは別に胃腸の病気も患ってしまい胃腸のために漢方薬を飲む事になりました。

それが「桂枝加芍薬湯」です。

「桂枝加芍薬湯」は直接お腹には効いている感じはしませんでしたが、私は重度の冷え性だったのですが、こっちの方が多少マシになりました。

冷え性が少し軽減すると、お腹の調子と慢性前立腺炎も少しマシになり、漢方薬も悪くないなと初めて思った瞬間でした。

その後、自分で調べて「四逆散」を追加しました。

「四逆散」は胃炎や胆のう炎などの炎症を抑える作用を持っているとというこで、前立腺の炎症も少しはマシになるんじゃないかという願望と四肢の冷え性を良くするという効能があるので重度の冷え性をさらに良くしようと考えました。

この漢方薬は個人的には当たりでした、冷え性も少しですがさらに楽になり、前立腺の炎症も心なしか良くなりました。

次に「猪苓湯」を試してみました、残尿感や頻尿などを緩和させる漢方薬です。

しかし、私にはあまり効果がありませんでした。

その次に試したのは「桂枝加竜骨牡蛎湯」です。

これは、神経の高ぶりを抑えたりする漢方で、慢性前立腺炎からくる過活動膀胱や神経因性膀胱を緩和する目的で使用しましたが、個人的には当たりでした。

飲んで一週間ぐらいで若干ですが不快感が少なくなったのです。

一番早く効いてると私が感じたのはこの漢方でした。

主に試したのはこれらの漢方で、私は「桂枝加芍薬湯」「四逆散」「桂枝加竜骨牡蛎湯」の3種類を、時期によっては「四逆散」「桂枝加竜骨牡蛎湯」の2種類を飲んでいました。

すると、漢方薬を飲む前の不快感が100%だとすると、漢方薬を飲んだ後の不快感が70~80%ぐらいまで落ちてきました。

わずか20~30%ぐらいですが良くなってる実感があって嬉しかったです。

私が効かなかった漢方薬も皆様には効くかもしれないで、良かったら色々試してみて下さい。

私以上に効果があるかもしれませんからね。

以上漢方薬についてでした。